現在、エンジン性能活性化製品なる物が既に世界数カ国で実用化され自家用車向けのアフターパーツ
マーケットにて販売されている。日本において2008年に発せられた排除勧告により、効果の無い
または少ないと判断された多くの製品は市場から姿を消した。
 この時代の前後に分子・原子転換の技術が勃興し。、新たな製品応用が始まった。HADOO製品は
その中でも自動車をターゲットにした特異な製品である。HADOO製品とは物質活性化技術を製品化
したのもである。この活性化技術の背景は非常に複雑だが、自然界では常温常圧環境下、即ち大気圧下で
日常的に生じている現象である。
 HADOO技術に対する本格的な直接的性能試験はこれからだが、ユーザーの満足感は非常に高く、
ダウンサイジングエンジンで失われたエンジンの出力(トルク)を全エンジン回転域で拡大することが
出来る。この製品の特徴である「あらゆる物質の活性化を促進する」
性能は、自動車の主要構成要素各部(排気系、電気系、足回り、車体)へ応用することで劇的に自動車の
総合特性を向上させることができる。
 取り付けは非常に簡易で、対象物の周囲へ巻きつける、または貼り付けるだけで瞬時にその効果を
実感することができる。ただし、取り付け位置によっては十分に効果を引き出せないこともあるので、
その際は取り扱いプロショップのアドバイスを得る必要がある。
では、以下にHADOO技術の原理と製品の仕組みを簡単に紹介する。

1.材料及び製造技術に関して
  〆猯舛賄形街枩个鮖藩僂垢襦
  特殊中性水を触媒としターゲットとなる元素をイオン抽出する。
  イオンの抽出に使用する特殊な中性水は、厳密に環境条件が制御され、更に活性ガスを注入する
   ことで擬似プラズマ状態を特定時間維持させる必要がある。
  づ形街枩个亙数種組み合わせ、必要とされる特性が得られるよう順次投入する。
  イ海侶覯牝世蕕譴榛合イオン溶液が、アルカリ基、酸性基の違いにより、電子の取捨の
   コントロールの違いが生じる。
  ζ端豕杣体を得られた溶液の担体し、それを金属ケースに注入する。
  Д院璽垢忙藩僂気譴覿眤阿蓮担体との反応性が考慮され、複数種想定することができるが、
   この製品の場合コストを考慮し銅(Cu)とアルミ(Al)を選択した。

2.製品から得られる物理的効果とその仕組み
  ,海寮宿覆老措暗に物質活性化装置と呼ぶ。
  ∪宿覆瞭睇瑤砲亙数種のナノ状物質(原子+電子+other)で満たされており、これらの物質の
   固有周波数の重ね合わせにより大きなエネルギー波動が合成される。
  この波動がターゲットとなる製品取り付け部周辺の固有周波数と共鳴し、必要なエネルギーが
   電子振動として供給され、担体に蓄えられたエネルギーは長期間に亘って放出し続ける。
  っ澗里らエネルギー放射(合成波動)は、製品ケースの材料、銅とアルミに干渉し、吸収・反射・
   透過を経て二次イオンを発生させる。
  ト生した二次イオンとこれらすべての波動の重ね合わせにより、最終的な共振エネルギー値が
   決定される。
  Δ海海覇世蕕譴織┘優襯ーが自動車各部の補修的役割として機能したり、若しくは材料そのものが
   持っていたはずの滞在的能力まで引き上げたりすることができる。HADOO技術は、工業製品として
   本来与えられた最高性能(限界性能)まで性能を引き出すことができる、21世紀型エネルギー触媒と
   して位置づけられるだろう。

3. 製品製造における物理的考察と今後の課題
  。硲腺庁錬狼蚕僂離┘奪札鵐垢魯淵諒質技術にある。原子、イオンの世界よりもさらに小さい世界の
   力が作用していると考えられる。残念ながら、工業界でこれら現象を確かめられる装置は存在して
   いない。最新のICP分析器でも困難なレベルである。
  ▲淵離譽戰覦焚爾寮こΔ論気卜婿厠漏悗忙拉曚気譴神こΑL棲里焚鮴狼蚕僂ない今、理論よりも
   技術が先行している。古典物理学までしか学んでいないほとんどの人からは、ニセ科学の対象と
   なっている。
  H焼蛎里鬚呂犬瓩箸垢詢婿匆蹴悗魎霹廚箸靴森業製品はたくさんある。医療の世界でも癌治療に
   プラズマ技術の応用が開始されている。
  ずのところ、現状のHADOO技術では特定の合成波を意図して作り込むことができるレベルに
   まで至っていない。試行錯誤の手工業的作業に依存しているのが実情だ。
  ズ8紂▲如璽燭寮僂濬鼎佑砲茲辰峠淑なデータが蓄積されれば、コンピューターによるデータ解析と
   データマイニングの手法により新たな製品開発技術を確立することができる。

4.HADOO技術が内燃機関の燃焼効果における物理・化学的根拠
  HADOO技術が創出するエネルギーは未知のものであっても、内燃機関が作り出すエネルギーは
  物理・化学技術が基本となっていることに変わりはない。未知のエネルギーを不思議で終わらせる
  のではなく、可能な限り現実的な説明を以下のように試みた。不十分・未確認なことも多いが、
  解明される時が近いことを願っている。

  ‘眷概 淵ソリン、ディーゼル)へ取り付けるHADOO製品は、吸入器パイプに限定して以下の
   ように説明する。
  吸入器管内を通過するのは、窒素・酸素・水蒸気である。この吸入気中の水蒸気(H2O)と
   共鳴することで分子転換が発生する。H2O=>H+,OH−の様にイオン分解する。Hはイオン
   またはプラズマ状に変化しているため、大きな燃焼エネルギーを発生する。Hのイオン燃焼は
   H分子ガスの燃焼の200倍になる。OHイオンは活性酸素としてシリンダー内部の燃焼としての
   酸化プロセスを強力に加速させる。この二つの酸化及び爆発促進エネルギーによりエンジントルクは
   大幅に上昇する。
  5枡器中過半を占めるのが窒素である。HADOO技術はこの窒素にも影響を与えていると考える。
   発生確率は非常に低いが吸入気中の窒素(N)を原子転換(=>N→C+e-  or  O-+e+ )
   指定可能性が考えられる。空気に最も多く含まれる窒素がHADOOの物質波により元素転換
   されると考える。この結果生成された電離状態の原子(C)は微量であっても大きな爆発力を持つ。
  な子や原子を転換するHADOOの物質波は、複数種類の電磁波が重ね合わされた共鳴波動と
   定義している。結果的に実際のエンジンから得られたエネルギーは我々が推測できるエネルギーの
   レベルをはるかに超えていた。現時点では正確には定義できないが、この仮説導き出せる
   推測としては、一種の低温核変換が発生した可能性があると考える。
  シ覯漫吸入気中の成分から「H+,OH−,C+,O−,電子」が新に生み出されプラズマ状態が
   演出された。エンジンシリンダー内での完全燃焼により未燃焼ガスの発生も防止でき、環境保護にも
   貢献できる。


すでに日本では、プラズマ技術を応用した放射性物質の改質に成功している。特定の条件が揃えば
常温常圧環境下でも同様の結果が得られる可能性がある。HADOO技術はその一ソリューションとして、
将来の工業材料技術の一端を担えるポテンシャルがあると確信する。



 

 参考例といたしまして
















2017年 HADOOイベントスケジュール


6月11日 栃木県

「Sスタイル」


6月18日 千葉県

「スーパーオートバックス千葉長沼」